HOME>イチオシ情報>最終手段だと考え、柔軟に対応してもらえる特徴を活かして交渉をしっかり行おう

最終手段だと考えよう

一軒家

住宅ローンが残っているマンションや戸建てを売る方法には、売却時の代金と自己負担分で一括返済する方法と買い替えローンなどで不足分を補う方法があります。しかしそれらの方法が活用できないのであれば、任意売却が有効です。任意売却とは、ローンを借りている銀行などから許可をもらって抵当権を外してもらい、ローンが残った状態で不動産を売却する方法をいいます。残ったローンは分割で継続して支払っていくことになります。この方法を行うためには、一定期間ローンを滞納しなければなりません。ローンを滞納してしまうと信用情報に記録が残ってしまうので、数年間はクレジットカードや他のローンを組むことができなくなってしまいます。したがって任意売却は最終手段だと考えた方がいいでしょう。

柔軟に対応してもらえる

住宅模型

住宅ローンを滞納している物件を任意売却する特徴は、競売と違い市場価格に近い金額で売ることができる点です。それによって住宅ローンの残債を減らすことができるという効果があります。さらに通常の売却と同じような流れで売ることができるので、引越し時期の交渉も可能です。さらに売却の時に必要な仲介手数料なども、売却代金から支払うことができます。任意売却後に残った住宅ローンの返済は、話し合いによって柔軟に対応してもらえるという特徴もあります。

交渉次第で引越し代を残すことができる

家の鍵

任意売却を行うメリットは、引越しに必要な費用を交渉によって残すことができる点です。住宅ローンが滞納してしまい、任意売却を行わなければならない人の多くはお金に困っている方が多いのではないでしょうか。任意売却を行えば、銀行などの金融機関と交渉ができるので、物件を明け渡す際に必要な引越し料金などを残すことが可能です。他にも任意売却は通常の販売活動と同じなので、近所の人に知られることなく行えるというメリットがあります。

広告募集中